毛の悩みクラッシャーの記事一覧

スポンサーサイト

高周波脱毛器で脱毛

高周波脱毛器というものを知ってますか?医療機関やエステでなければできない永久脱毛を自宅で自分でできるという物が高周波脱毛器です。永久脱毛は、もともと医療機関で行われてきた脱毛方法です。この原理を利用して、一般の人にも使えるように改良されたものが「高周波脱毛器」として商品化されているものです。まあ、医療機器じゃなくて家庭で素人が扱ってもよいということはつまり、機器の性能は「医療行為に相当しない程度の...

エステで脱毛

レーザー脱毛にもエステで受けるものと皮膚科などで受ける医療レーザー脱毛があるという話をしました。レーザー脱毛は医療行為にあたりますから、本当の意味でのレーザー脱毛はエステではできないのです。海外から機器を輸入して行うケースがほとんどであるレーザー脱毛なのですが、医療機器や薬を輸入するためには必ず医師免許が必要になります。それならなぜエステでレーザー脱毛ができるのかといえば、それはエステと医療機関が...

永久脱毛の方法と種類

永久脱毛。女性は憧れますよね、永久脱毛。ムダ毛処理の必要がなくなる永久脱毛についてここでは書いてみます。永久脱毛とは、その文字の通り永久にムダ毛が生えてこないように処理を施す方法のことです。永久脱毛と言っても厳密には永久ではないんですけどね。体毛は、一定期間で生え抜けていき、また生えるといったことを繰り返しています。生まれて、老いて、死ぬ。これは全ての細胞に当てはまることなので、体毛一本一本もこの...

除毛器

ムダ毛処理の方法として、カミソリによる除毛、毛抜きによる脱毛、ホームエステ用機器での除毛・脱毛、エステでの除毛・脱毛、除毛クリームによる除毛、ブリーチ剤によるムダ毛の脱色などがあります。カミソリ、脱色、除毛剤によるムダ毛処理方法を紹介しましたので、ここでは除毛器を使っての除毛について紹介しますね。ちなみに「除毛」とは、皮膚表面に出ている部分の毛を取り去ることです。脱毛とは分けて考えてくださいね。さ...

除毛剤を使ってみる

カミソリで剃る、脱色してムダ毛を目立たなくする、そして除毛剤を使うという脱毛方法もありますよね。除毛剤とは、文字通り塗布することによってムダ毛処理ができるものなのですが、ムダ毛の部分にクリームを塗ることで皮膚上の毛を溶かしたり、専用シートを貼り付けて剥すことで、ムダ毛を取り除いてしまうといったやり方をします。除毛剤の製品によってそんな方法で除毛するかは違ってきます。除毛剤は毛根から毛を抜くのではな...

ムダ毛処理と脱色

ムダ毛処理とは、要するに肌を美しく見せるためだったり衛生上の問題、日常の手入れを省きたいなどの理由から顔を含む身体の毛のを毛根から根こそぎ抜き取ることを言います。ムダ毛処理にはワックス処理や針処理、レーザー光照射によるムダ毛処理などの方法が広く知られていますよね。また、カミソリによる除毛、毛抜きによる脱毛、ホームエステ用機器での除毛・脱毛、エステでの除毛・脱毛、除毛クリームによる除毛、ブリーチ剤に...

ムダ毛処理の方法

ムダ毛処理ってどうしていますか?女性でも冬は服などでムダ毛が見えないこともあり処理をあまり行わないなんて話も聞きますが、そういうズボラな人にこそレーザー脱毛をオススメしたいですね。まあ夏は腕や脚を出す機会が多くなるので皆さん黙ってても処理しますよね。ムダ毛の処理にも様々な方法があります。カミソリによる除毛、毛抜きによる脱毛、ホームエステ用機器での除毛・脱毛、エステでの除毛・脱毛、除毛クリームによる...

ムダ毛で悩む男性

男性のムダ毛の悩みについて、ちょっと中途半端になってしまっていたのでここでしっかりと取り上げてみたいと思います。ムダ毛の悩みというと決して女性だけの問題ではなく、男性にもたくさんムダ毛の悩みを抱えている方はいらっしゃるんです。ムダ毛の悩みは特にサービス業に携わっている人たちには、実に深刻な問題です。サービス業は見た目の印象が仕事に大きく関わります。ヒゲが濃くて伸びが速ければ、朝剃っても夕方には青黒...

ムダ毛に悩む人

男性もムダ毛に悩んでいる人が多いんです。髪の毛は薄いのに体毛は濃い。そんな男性ホルモンムンムンな男性って女性から見てどうですか?そんな悩みが男性にはあるんです。お笑い芸人ペナルティのワッキーさんも濃い体毛に悩んで脱毛サロンに相談したことがあるそうですから。実際にどんな毛の悩みを持っているか、口コミ情報を見てみますか。背中の毛が濃いので、何とかむだ毛の背中処理をしたい。ワキ毛って剃ってもチクチクする...

抜け毛症の程度と割合

抜け毛症という病気があるなんて知ってましたか?あなたの近くにいるお子さんは抜け毛症の心配ありませんか?抜け毛症は自分で髪の毛をひき抜くという行為から発生するため、自分から名乗り出ることがあまりなく、発見が困難な病気です。抜け毛症は1889年にフランスの皮膚科医によって初めて報告された疾患で、臨床的には髪の毛を抜くという衝動に抵抗することに失敗して生じる、顕著な毛髪欠損によって特徴付けられる疾患であると...

«前のページへ | トップへ戻る |  次のページへ»

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。