スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

抜け毛症とは

抜け毛症という病気があることをご存知でしょうか?ここまでは主に男性型脱毛症の対策について、つまりハゲ予防と発毛ケアについて書いてきましたが、抜け毛つながりということで抜け毛症についても触れておきたいと思います。
抜け毛症は、一般的に、抜毛癖(ばつもうへき)と呼ばれ、抜け毛癖や抜毛症とも呼ばれます。
抜け毛症とは、正常な毛髪を引き抜いてしまう性癖のことです。抜け毛症の大半は子供ですが、成人でも抜け毛症は起こります。
抜毛行為はなかなか周囲に気づかれにくく、医師も両親も抜け毛の原因は円形脱毛症や、真菌感染症だと思いがちです。抜け毛症は、自分で自分の髪の毛を引き抜いたり、髪の毛を根元で折るといった行為を繰り返す病気です。
髪の毛だけではなく、眉毛、まつ毛を抜くというケースもあります。
抜け毛症はとにかくストレスが溜まっている状態などで起こりやすく、悩みを髪の毛を抜くという行為にぶつけてしまうのが抜け毛症なのです。
なんとなくわかりませんか?髪の毛やまつ毛、眉毛などを抜くという行為でストレスを解消しようとする行為。
独特の痛みが悩みやストレスを忘れさせてくれるような錯覚に陥るのかもしれませんが、抜け毛症は自分では無意識のうちに髪の毛を抜いているということが多く、自分ひとりのときに行ってしまうと周りの人も気付かないことが多いのです。抜け毛症は身体的な問題ではないため、抜け毛症の治療にはストレスを取り除くなどの治療が必要となってくるのです。
スポンサーサイト

«抜け毛症の程度と割合 | トップへ戻る |  リーブ21 発毛実感コース»

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。