スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

抜け毛症の程度と割合

抜け毛症という病気があるなんて知ってましたか?あなたの近くにいるお子さんは抜け毛症の心配ありませんか?抜け毛症は自分で髪の毛をひき抜くという行為から発生するため、自分から名乗り出ることがあまりなく、発見が困難な病気です。
抜け毛症は1889年にフランスの皮膚科医によって初めて報告された疾患で、臨床的には髪の毛を抜くという衝動に抵抗することに失敗して生じる、顕著な毛髪欠損によって特徴付けられる疾患であると定義されています。
つまり、普通は髪の毛なんて自分で抜かないけど、その衝動を抑えられなくなって髪の毛を自分で引き抜いてしまうということですね。
抜け毛症は、小学生、幼稚園児などの子供がほとんどですが、まれに、大人にも発症します。
抜け毛症の治療として、育毛剤を使用する場合もありますが、やはり、家族や周囲にこの病気のことを理解してもらって、本人の心理的なストレスを取り除くことが、一番の治最も根本的な治療法だと言えるでしょう。
抜け毛症の症状を訴える人の大半は10代でありますが、成人に達した後でも起こるとされます。ちなみに抜け毛症の大半は女性です。
頻度としては円形脱毛症の10から20%でありますが、抜毛行為自体は学童期の癖としてはかなり多いようです。また、家庭や学校での人間関係で悩んでいる場合が多いので、知能低下はないことが多いようです。抜け毛症は大人しい内向的性格に多いとされます。
自分で髪の毛を抜いてしまうという行為は子供にありがちなことではありますが、もし度を超えてしまうようなことがあれば、それは抜け毛症かもしれません。
気をつけてみてください。
スポンサーサイト

«ムダ毛に悩む人 | トップへ戻る |  抜け毛症とは»

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。