スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エステで脱毛

レーザー脱毛にもエステで受けるものと皮膚科などで受ける医療レーザー脱毛があるという話をしました。
レーザー脱毛は医療行為にあたりますから、本当の意味でのレーザー脱毛はエステではできないのです。
海外から機器を輸入して行うケースがほとんどであるレーザー脱毛なのですが、医療機器や薬を輸入するためには必ず医師免許が必要になります。
それならなぜエステでレーザー脱毛ができるのかといえば、それはエステと医療機関が提携しているからなんですね。
基本的なエステでの脱毛方法は、ブレンド法と呼ばれる電気脱毛とIPL脱毛と呼ばれる光脱毛の2種類です。
エステの広告には「独自の脱毛法」と宣伝しているところがありますが、大抵はIPL脱毛です。どこでもやってるんだから誇大広告なんじゃないの?と思っちゃいますが(笑)
ブレンド法、電気脱毛の特徴は、レーザー脱毛と比べるとだいぶ時間がかかることです。
仕組みとしては、毛穴に細い針を差し入れて電流で毛根を破壊する方法なわけですが、考えるだけで痛そうじゃないですか。まあ当然人によっては激しい痛みを感じる場合もあります。
また、コツコツと毛穴に刺して脱毛の処置をしていくため、当然時間がかかります。
サロンによっては1回の治療費が、時間制で決められているところもありますので、脱毛範囲が大きければ大きいほど費用が高額になっていく仕組みです。
エステか、医療レーザー脱毛か。これはもう個人の判断に委ねるしかない部分ですが、私は皮膚科で医療レーザー脱毛やってもらいました。
エステでの脱毛する場合の特徴は、普通なら肌を傷めてしまう脱毛処置でも、エステであれば肌を傷めずにできるという部分ですね。
つまり、医療機関ではできない「スキンケア」を付加価値としているのがエステ脱毛です。
私は医療レーザー脱毛で肌は全然傷みませんでしたけどね。
スポンサーサイト

«高周波脱毛器で脱毛 | トップへ戻る |  永久脱毛の方法と種類»

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。