スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

発毛剤で薄毛治療

ハゲは誰だって嫌です。
ですが、薄毛になってしまったからには現実を受け入れなければどうしようもありません。
ここではハゲを治す、つまり薄毛の治療法について考えてみたいと思います。
薄毛の原因には、男性ホルモンに影響を受けるAGA(男性型脱毛症)の進行により抜け毛が増え、その結果、薄毛になってしまう場合や、自己免疫異常によって起こる円形脱毛症、ストレスによる抜毛症など、薄毛になる原因は、さまざまあります。
単純に禿げてきたなぁと思う薄毛にも色々な原因があるということですね。
自分の薄毛が、抜け毛が原因なのか髪の毛が細くなってきたのが原因なのかによっても薄毛治療法は変わってきますよね。
しかし、これからの薄毛治療法は、選択肢が増えます。
これまで薄毛で悩んでいる方の多くは市販されている「発毛剤」や「育毛剤」「育毛トニック」などを使用されていたと思います。
しかし、2005年12月14日に発売された、国内初の飲むAGA(男性型脱毛症)治療薬「プロペシア」の発売に伴い、「医療機関での薄毛治療」が可能となりました。
AGA治療薬として使われる育毛剤のプロペシアは、国内で初めて厚生労働省に承認された、男性型の抜け毛症、AGAの薬です。プロペシアは、もともとは前立腺肥大症の治療薬として、開発された薬でしたが、AGA治療に対して効果があるということで、今では世界60カ国以上で使用されています。
プロペシアは、飲む育毛剤と言われており、服用が簡単なのも人気の理由でしす。
プロペシアは、一般名ではフィナステリドとも言われています。ただし、入手するためには、医師の診断と処方箋が必要となる育毛剤です。
プロペシアは副作用があるとも言われていますからね。
これからの薄毛の治療は、医療機関で相談しながら治療する人が増えてくるでしょう。
科学の進歩はめざましく、これからも良い育毛剤や発毛剤が開発されていくでしょう。
スポンサーサイト

«M字型薄毛の発毛法 | トップへ戻る |  女性の薄毛 原因»

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。