スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薄毛の印象はヘアスタイルで変わる!

薄毛になったらヘアスタイルもクソもないじゃないかと思うかもしれませんが、それはとんでもない誤った考えです。
薄毛になってしまうと、何とか髪の毛があるようにふんわりとボリュームを出すようなヘアスタイルや、ハゲてしまった部分を隠すようなヘアスタイルを模索していくものなのです。
薄毛に悩んでいるほとんどの人が、生えている髪はできるだけ長く残したいことと、どのようなヘアスタイルが良いのか、ということを考えていると思います。
薄毛が気になると、隠すことばかりに意識が向いてしまい、髪のボリュームや流れが不自然なヘアスタイルになりがちです。
しかし、薄毛は短髪の方が見栄えが良く、しっくりくることが少なくありません。
長めの髪だと、どうしてもベトッとした感じになりますし、髪の分け目も痛々しく見えてしまいます。長めのヘアスタイルが好みだという人や、自分の顔には短いスタイルは似合わないという人で、髪の毛を垂らしたい場合でも、やはり自然さが大切です。分け目はつけずに、手グシで整えたような感じがお勧めです。
また、トップ(頭頂部周辺)の毛髪が薄くなり始めた人は、トップの分量を基準に、サイドやバックの髪の毛を短く刈り込りこんだり梳くことで、地肌の見え方を均等にすると、薄毛の部分が目立ちにくくなります。また、髪の毛のある部位から薄い部位にかけて、徐々に短くグラデーションにすることで薄毛が目立たなくなります。
全体的にボリュームを持たせるため、油分の少ないスタイリング剤(ムース)で髪を立たせてみても全体的に自然な髪型に仕上がります。
その他に、毛髪や頭皮のことを考えれば、カラーリングやパーマは決して勧められるものではありませんが、地肌に近いカラーリングを行うことで、薄毛・脱毛部位が目立たなくなりますよね。
薄毛になってしまったら、潔さは必要だと思います。
バーコードハゲと揶揄される髪型も、禿げた部分を無理矢理サイドの髪の毛で隠そうとするヘアスタイルじゃないですか。
薄毛になってしまったからには余計に清潔感を出したヘアスタイルが好感を持たれるコツだと思います。
スポンサーサイト

«シャンプーで抜け毛対策 | トップへ戻る |  発毛成分ミノキシジル»

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。